WHOが作成したICF(国際生活機能分類)を基本とし、

 

〇地域住民への広報活動により正しい情報の提供を行い、自立と自律した生活の方法を伝達していきます。

〇病院施設への組織教育を行い、技術研修を活かすための、目的・目標の明確化とその実践など組織活動の基本を構築します。

〇医療・介護従事者への技術研修により適切なケアの普及を行います。

これを当協議会の教育の基準としています。

変形拘縮を取りまく疾患・症状を表しています。

多くの重篤な疾患の原因にもなることが明確です。